ブログ1ヶ月でアクセス0になる理由と、脱却に必須のSEO対策5つ

memo
Pocket

開設後1ヶ月以上が経ったが、いまだ当ブログのアクセスは0だ。

たまに海外からスパムのアクセスが入るが、マトモな客ではないので、実質0と言ってもいい。
惨憺たる有様のように見えるが、しかし、これは開始直後のブログなら正常だ。
私は別のアフィリエイトブログも経営しているので、全く問題にしていない。

今後ブログを始める人のために、こうしたアクセス0からの推移と、立てるべき対策についてまとめていこう。
もし同じようにアクセス0で困っている人は、参考にして欲しい。

 

アクセス0という意味

よく、開始1ヶ月で5000やら、1万pvを達成したというブログを目にするが、アテにしてはいけない。
もしあなたがアクセス0で困っているとしたら、彼らの話は全く参考にならないからだ。

ブログの伸びは、種類やサーバーによってパターンが違う。
以下にその理由を解説していく。

はてなブログのブロガーの記事は、読むべきではない

はてなブログは基本的に、WordPressよりも開設時のアクセスの伸びが速い。
彼らが1ヶ月で数千アクセスいったと騒いでいても、それはノイズか何かだと思って無視するのが一番だ。有利な条件で始めた人間と自分を比較しても、モチベーションを下げてしまう。

ジャンルが雑多なトレンドブログのアクセスはアテにならない

もしあなたが専門的な情報ブログを開設したのなら、日記ブログやトレンドブログと比較してはならない。
トレンドブログは、開設当初から数字が伸びやすいジャンルだ。
反面、流行り廃りが大きく、更新が滞るとすぐにアクセスが減ってしまう。
いわば短気決戦仕様なのだ。

正しい情報を解説していくブログは、すぐには伸びないのが当たり前だ。
アクセスを比較するなら、同ジャンル、同サーバーで行うべきであり、こうしたブログと張り合うのは時間の無駄と言える。

独自ドメインは、しばらくアクセスが伸びない

もしあなたが独自ドメインを取得したなら、アクセス0は当たり前である。
Googleは出来たばかりの独自ドメインに対して、異様に厳しい。

はてなブログを使わず、かつ独自ドメインを使っているなら、
最初は来客の伸びは諦めるべきだ。
アクセスなど全く気にせず、記事を増やしていく事に注力しよう。

最も伸びない条件

はてなブログを使わず、情報ブログを運営し、かつ独自ドメインを取得した者が、開設当初は最も過酷な状況に立たされる。
この条件を満たしていて、1ヶ月のアクセスが0なら何も心配する事は無い。

逆に上記の条件を満たさず、アクセスが0なら何か問題があると考えた方がいい。
その場合、誰も来ていないのだから、文章に原因がある事はまず無い。
客が来る玄関となる、記事のタイトルから見直してみるのがいいだろう。

アクセス0を乗り切るSEO対策5つ

開設したてなら伸びないのが当然とは言ったが、その期間を短くする事は出来る。
熱心に記事を書いても何の反応も無いというのは、本当に辛いものだ。
出来る限り、その期間を短くしたいと考えるだろう。

これからアクセス0を乗り切るための、5つの対策を紹介する。
数ヶ月間も続く、この辛い戦いを耐え抜く武器にして欲しい。

1 プラグインを整える

当然の事だが、Googleに評価されるための下準備は済ませておこう。
SEO対策に必要とされるプラグインは、一通りインストールしてあるだろうか?

もしまだなら、そもそもアクセス0を嘆く前にするべき事がある。
焦って記事を書く前に、まずブログの下地を整えよう。
プラグイン導入なら、オススメは下記の記事である。

WordPressのSEO対策に役立つプラグイン8選&設定例、これでSEO対策バッチリ!

2 pvよりクロール数に注目する

アフィリエイトブログを運営するなら、当然、Googleサーチコンソールは導入しているはずだ。
まだ導入していない人は、アクセス0に悩む前に設定を済ませよう。SEOを学ぶにあたって、これを導入していないのは論外と言える。

さて、サーチコンソール導入が済んでいる方は、メニューの
クロール → クロールの統計情報
という項目をクリックしてみよう。

下図のようなグラフが表示されるはずだ。

Console1

これは当ブログが、Googlebotにクロールされたページの数である。
2016年の6月末に開始して以来、順調に増加し、最近は1日平均100近くまで伸びている事がわかる。

ただし、右上を見てわかる通り、90日間の平均で見ると、まだ25しか無い。

SEOで効果が出てくるのは、この平均数値が60を超えた辺りと言われている。
今のペースだと、このブログが60に届くのは、1ヵ月半後くらいだろうか。

つまり、多くのブログが、開設して3ヶ月辺りから伸び始めると言うのは、これが原因なのだ。
Googleは、サイトの評価を直近90日の動向で判断している。
開設して間も無いブログは、85日分の負債を抱えている事になるので、平均を上げる事はできない。

だから、pv数は見るだけ無駄である。
開設後しばらくは、ブログの成長具合を確認するなら、クロール数で判断しよう。この数値が順調に伸びているなら、続けるモチベーションにも繋がるはずだ。

3 頑張らない

すでにSEO対策でも何でもないが、重要である。
1ヶ月記事を書いてアクセス0だからと言って、焦って頑張りすぎるのは良くない。

「ドメイン寝かせ」というものをご存知だろうか?
簡単に言うと、ブログを更新せず、黙って待つというSEOテクニックだ。

更新せず放置なんて、テクニックでも何でもないと思うかもしれないが、そんな事は無い。上述したクロール数のグラフを思い返して欲しい。

このブログは、これから1ヶ月黙っていても、クロールの平均は上昇し続けていく。
何故かというと、クロール0の日付が左に追いやられていくからだ。

どんなに更新しなくても、1日のクロール数が0になる事はまず無い。
1でもある限り、直近90日間で見た平均値は上がり続けるのだ。

これがドメイン寝かせという手法である。
新規ドメインを放置し、勝手にGoogleの評価が上がるのを待つのだ。
信じられないかもしれないが、多くのブロガーが提唱しており、効果も実証済だ。

……とはいえ、更新しない方がいいというわけではない。
更新頻度はクロール数の増加に直結するし、頑張ればそれだけアクセス0の期間は短くなる。

どうせしばらくは伸びないのだから、開き直って、気楽に続けるのがモチベーションを維持するコツである。

4 コンテンツキーワードを整える

サーチコンソールのメニューで
Googleインデックス → コンテンツキーワード
を選ぶと、ブログがどのようなキーワードでGoogleに評価されているかを見られる。

keyword1

このブログのコンテンツキーワードは上図の通りだ。

「ビジネス」や「起業」が上位に来ているが、これは調整した結果である。
最初は起業の順位がかなり低かったので、意識的に過去記事を修正してキーワードを追加した。

Googleは専門性の高いサイトを評価する。
あなたのブログが意図した形でGoogleに評価されていないなら、過去の文章を修正してキーワードを盛り込んでみるのもいいだろう。

結果的にクロールを多く呼び込み、アクセス0の期間を短く出来るはずだ。

5 記事を多く書く

結局、これが一番のSEO対策であるのは間違いない。
さっきと言ってる事が真逆だが……SEOのためにも、頑張らないよりは、頑張った方がいいのは確かである。

モチベーションが保てるなら、ブログの更新頻度を上げてクロール数の増加を狙おう。その分だけ、アクセス0の期間は確実に短くなるはずだ。

ただ個人的には、やはりブログは更新頻度に縛られるべきではないと感じる。
自分の文章や運営方法を振り返りながら、じっくり腰を据えて取り組むべきだ。
上手くいかない時は、ブログを作り直してもいいくらいの心構えで臨もう。

頑張るのは、情熱がある間だけでいい。
焦らずじっくり、長期的なプランで運営を続けて、休む時は休む。
それが結果的にブログの息を長くし、成功に近付くコツだ。

まとめ

アクセス0による一番の問題は、モチベーションの低下である。
最悪、ブログをやめてしまう事にも繋がる。

そうならないために、しばらくアナリティクスは見ず、サーチコンソールを見る習慣を付けよう。ブログの成長を実感できるはずだ。

そしてクロール数が下がっていなければ、焦って更新しなくても問題は無い。
人間、時には休みも必要である。
気が乗らない時はドメインを寝かせるつもりで休み、書ける時に書くといい。

そうする事で、いつしかGoogleにも評価され、必ずアクセスが伸びていく。
私が運営する別のブログも、開設から2ヵ月半後、一気に客が来るようになった。

同じアクセス0で悩む人の参考になれば幸いである。

 

※2017/10/8追記
この記事で言った通り、ドメイン寝かせをする事により
当ブログのアクセスは50倍以上に伸びた。
詳しくは以下の記事を参考にしてほしい。

ブログ更新しないで放置…アクセスはどうなる?…50倍!?

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*